水素水選びのポイント

水素水選びのポイント

水素水を選ぶポイントは水素の溶存量の多い製品を選ぶことと、飲みやすい水(原水)で製造された物を選ぶことです。
水素分子は非常に小さいので水に溶けた水素は抜けやすいという性質があります。
このため、多くの水素水は水素が抜けにくいアルミパウチ容器入りの製品が販売されています。
アルミパウチ式には飲み口が付いているものと、付いてないタイプの2種類があります。
飲み口が付いている製品の方が水素が抜けやすいので、店頭で販売されているものはある程度保管ができるように飲み口が無いものが多いです。
定期的に配達するタイプであれば、製造後すぐに発送して消費されるので飲み口が付いている製品が多いです。
長期間保管するのであれば飲み口の無いパックを選ぶようにしましょう。
水素は無味無臭ですが、原料の水(鉱水)は採水地ごとに成分(カルシウムやマグネシウムなどのミネラル)が違い、製品によってはミネラル分が多くて飲みにくく感じる場合があります。
ミネラル分の少ない軟水に慣れた日本人がマグネシウムが多い水を飲むと、お腹が緩くなる場合もあります。
市販の水素水の中にはミネラル分が豊富で健康効果を宣伝している製品がありますが、長期間飲み続けるために普段飲んでいる水と同じぐらい軽くて飲みやすい製品を選ぶようにしましょう。

水素溶存方法の種類がある水素水

水素溶存方法とは水に溶けている分子状の水素のことを指します。
どのくらいの水素が水に溶けているのかで水素水の質が変わってきます。
水中の濃度を測る単位としてはPPMが利用されています。
1気圧の水では約1.6PPMが溶存水素濃度の飽和値であることが証明されています。
水素水では1.6PPM以上のものを販売しているところがあり、その水素水をつくる方法は2種類あります。
1つは加圧方式です。
密閉した容器に詰め込む、圧力に耐える容器で水素を発生し続けることで飽和値以上にします。
特別な容器やアルミパウチで販売しています。
2つめはナノバブル方式です。
水素の粒をナノ単位にまで縮小してから水に溶かします。
水素の粒子が小さいので粒子内の圧力があがり、水の中で安定するのです。
加圧方式のほうが水素水の濃度は高くなりますが、日数が経過すると数値が落ちていきます。
一方、ナノバブルでは濃度は飽和値よりも高くなりますが、加圧方式よりも低めの数値になっています。
しかし開封しても水素が抜けにくいのが特徴です。
パッケージには充填時の濃度が記載されており、商品によっては届けた日の濃度もあわせて2重に記載しているところもあります。
飽和最大値よりも数値が大きければ、効果も高いといえます。